スキンケアをする

スキンケア

 

スキンケアは化粧を落とす際に行うケアのことを言います。
クレンジングで化粧を落とて、洗顔をし、化粧水をつけて、美容液やクリームで保湿をし、肌の状態を保つことを一般的にスキンケアと言います。
肌は一目に付きやすいため、シワやしみなどの肌トラブルが発生するとすぐに気づかれることもあり、一番大事にしたい部分でもあります。
特に大事なのは自分の肌に合ったスキンケアをすることです。
化粧を落として肌をキレイにするだけでは正しいスキンケアのしかたとは言えないのです。
肌を擦りすぎれば肌を守っているバリアをはがす原因となり、乾燥肌や敏感肌の原因となります。
また自分に合ったクレンジングを使うことができず、汚れが残ってしまいニキビの原因になったりもします。
正しいスキンケアをしなければ肌の改善をすることは難しいです。
ではどのようにして正しいスキンケアを行っていけばいいのでしょうか?
まずは自分の肌の性質を知ることが大事になります。
肌には普通肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌の4つのタイプがあります。
普通肌はその名前の通り、水分と油分がほどよくあり、誰もが憧れる理想の肌タイプです。
乾燥肌は水分と油分が少なくカサつきやすく、肌バリアが無くなってしまうと敏感肌になりやすい傾向があります。
オイリー肌は油分が多く、とてもベタつきやすい肌で特に思春期に多くみられる傾向があり、ニキビの原因になることが多いです。
混合肌は部分的に乾燥肌だったり、オイリー肌だったりする肌の性質で一番スキンケアがしにくい性質でもあります。
日本人は混合肌の人がとても多いです。

肌タイプを調べるのはとても簡単で、顔を洗ってしばらく放置し、どのような状態なのかを見ればすぐ分かります。
程よいハリやつっぱりであれば普通肌ですし、ベタついていればオイリー肌で乾燥してたら乾燥肌だと分かります。
それによって自分の肌に合ったスキンケア商品を選ぶ必要性が出てきます。
特にスキンケアで重要視されるのはクレンジングでしょう。
クレンジングは化粧を落とす際いつかう基礎化粧品ですが、ケチったりこすりすぎたりすることで肌に大ダメージを与えてしまうきっかけを作りやすい商品でもあります。
化粧の濃さによってクレンジングの種類を変えたり、擦りすぎたりしないように気を付けなければなりません。
自分に合ったスキンケアをすることで肌を大切にしましょう。

 

ポーチ