クレンジングでキレイになろう

クレンジングはメイクを落とすための必需品であり、大人気のスキンケア商品です。
メイクを落とすためだけに使うから何でも大丈夫だと思いがちですが、自分の肌の相性と化粧の濃さでクレンジングの種類を決めなければなりません。

 

クリーム

 

クレンジングにはオイルクレンジングリキッドクレンジングの2種類が主にベースです。
オイルクレンジングはその名前の通り油で化粧を落とし、リキッドクレンジングは水で落とします。
違いとしては洗浄力です。
オイルクレンジングは洗浄力が強く、リキッドクレンジングは水のため、洗浄力はオイルクレンジングに比べて低いです。
ですがデメリットとしてオイルクレンジングはリキッドクレンジングに比べて肌に負担をかけてしまいます。
洗浄力が強い分、脂を余計に落としてしまいます。
クレンジングの成分としては油と界面活性剤が使われていますが、界面活性剤と聞くとどちらかと言うと洗剤の方が馴染みがあるかも知れません。
界面活性剤の中でも非イオン界面活性剤はそこまで負担がかからないので、こちらが使われているクレンジングがオススメです。
また油にもこだわらなければいけません。
よくオーガニックなどと言われるオイルクレンジングがありますが、オリーブオイルなどが使われており、肌に優しい素材なので多少値段が高くなりますが人気の商品です。
肌の性質にも気を付けなければならなく、特に乾燥肌の人はバリア機能が低いため、刺激の強いクレンジングを使いすぎると、肌トラブルの原因となります。
またメイクの濃さに合わせてオイルクレンジングかリキッドクレンジングを使うかどうかも判断しましょう。
そうすることによって肌の負担を大幅にカットできるようになります。